仲間募集中


by yamaboke

カテゴリ:活動2012( 19 )

岡山 備中の岩場

岡山 備中クライミング 2012.12.01-02

参加 7名

行動記録
 12/1 6時 西宮北口駅に集合。MOさんとTRさんの車に分乗して出発。
     9時前 途中、休憩も入れましたが、ガンガン飛ばすTRさんのおかげで、
初めて スーパーが開店する前に現地着。 10時過ぎからリバーパークにて
クライミング。15時半ごろ終了。
     スーパーで飲み物等を買い出しして18時、くらやしき着。風呂、夕飯、就寝。
12/2 この日は「大霜」で予定より1時間遅らせて8時出発。長屋坂にてクライミング。
    14時終了。 スーパーに立ち寄り、そこで解散。それぞれの車で帰る。

山行総括
今期は、リードできるメンバー限定で、例会として取り組むことになりました。
中級者対象に、オンサイト(情報無しで初見リードで落ずに登る)やフラッシング
(人の登りを見たり、情報を得て、初見リードで落ずに登る)の緊張感や達成感を経験
するという面から、クライミングを楽しむということを目的としました。
それと、日頃味わえない石灰岩の岩場を経験することで、新しい経験をすることも目的
でした。共に、大きな成果をもって達成できました。
一日目のリバーパークでは、みんながオンサイト、フラッシングを経験できました。
中でも初めてのTRさんやMOさんたちは、登るところ登るところ次々とオンサイトや
フラッシングを達成して、その楽しさや緊張感を一番味わったのではないでしょうか。
長屋坂は少し難しくなるので、リバーパークのようにはいきませんでしたが、初めての
メンバーは果敢にリードトライをして、クリアできるところ、宿題を残したところと、
次に繋がるクライミングでした。経験者のNK夫妻は自分の課題をクリアし、また新しい
課題を見つけたようです。
 そして、宿泊は昨年に続き、「仲田邸くらやしき」。
昨年同様、近所のご婦人方の気さくな接待で、今年は初めて夕飯を頼みました。本来の
食事の価格ではなく、私たちの希望価格で食事を用意してもらい、地元で採れた山菜
などを取り入れた美味しい食事でした。が、若いTRさんには量がちょっと足りなかったかな。
 この冬から春に向けての備中ツアーの開始です。ちょっと頑張ってトレーニングして、
リードの楽しさ、緊張感、達成感をこの期間中に多いに満喫したいものです。

登ったルート
<リバーパーク>
一年生 5.9  A.B.Climbing 5.8 スリーモーニング 5.10a  日だまり5.10c
ジンベイ 5.7  スパスパ 5.10a モスガーデン 5.10a 
<長屋坂>
壁の散歩道 5.10b  プラナン1/10 5.9  ザグ 5.9  スプリング 5.11a
ミセスリエコ 5.10a


一日目/リバーパーク 
d0013721_12461492.jpg
d0013721_1245449.jpg
d0013721_12455088.jpg
d0013721_12451684.jpg
d0013721_12444445.jpg
d0013721_12443226.jpg
d0013721_1244081.jpg
d0013721_12434789.jpg

宿泊先は仲田邸くらやしき
d0013721_1248571.jpg

二日目/長屋坂
d0013721_12533017.jpg

d0013721_12501528.jpg
d0013721_12494226.jpg
d0013721_12491763.jpg
d0013721_1249471.jpg
d0013721_12484555.jpg

[PR]
by yamaboke | 2012-12-13 12:56 | 活動2012

姫路 御着の岩場

姫路 御着の岩場クライミング 2012.11.25
d0013721_12441628.jpg
夕暮れの御着の岩場

参加:15人

山行総括
快晴、微風のぽかぽか天気に加えて、私たちだけの貸し切りでした。
目的1-初級者のためのクライミング練習
 岩登り教室終了直後のメンバーや久しぶりのメンバーなどを対象に取り組みました。
 16人という大所帯、初級者が多かったので、事前に岩場のマナーや他のクライマー
 への配慮、トップロープによる占拠について等、注意事項を確認して取り組みました。
 当日は、我々パーティーのみの貸し切り状態だったので、トップロープもルート選定も
 思うままに、思う存分にトライすることができたことは幸いでした。
目的2-トップロープビレイの練習
 1の状況のもと、初めてのメンバーにもトップロープビレイの講習&練習を実施でき
 ました。例会の終了時頃には、それぞれが、登る、ビレイするを交代して行うことが
 できました。
目的3-中級者のリードクライミング
 中級者のリードは、個々にお任せしていましたが、それぞれ、積極的にリードにトライ
 できたと思います。

 結果的には、天気、岩場の空き状態のおかげで、当初の目的は達成することが
 できました。ただ貸し切りは多々あることではないので、特例ととらえ、岩場では
 常に謙虚に行動していきたいと思います。今まで、東面で登攀することがほとんど
 でしたが、ルート図をみれば、西、南、奥壁と多くのルートがありますので、
 いろんな面のルートにもトライしていくことが可能だと思います。
 次回は違う面から開始するのも楽しいと思います。

行動記録
 9時 ひめじ別所駅集合 途中、スーパーで買い出し、10時前に岩場着
 準備をして、2パーティに分かれてクライミング開始(東面の岩場)
 11時半頃、ONさん、NSさんが西、南面のルートを偵察、トップロープを張るために
 別行動。
 12時半頃 全員で休憩 13時過ぎ 西面と東面に分かれてクライミング。
 15時半頃 終了 16時過ぎ 岩場を出発  17時頃 スーパー付近で解散

登ったルート
<東面の壁>
里の秋記念 5.8  冬景色 5.9 ふつうのこ 5.10a  へんなこ5.10a
よいこ 5.9  めばえ 5.8 犬に吠えられて 5.9  レーガン起し 5.9
お年玉 5.10b

<西面の岩場>
西面お立ち台 5.8 ルンルンルンぜ 5.9

<東面の岩場/壁に向かって右側の壁>
d0013721_12455146.jpg

d0013721_12461989.jpg

d0013721_1246951.jpg
d0013721_12463774.jpg
d0013721_12465411.jpg
d0013721_12471255.jpg

<東面の岩場/壁に向かって左側の壁/右より一段高い場所>
d0013721_124740100.jpg
d0013721_12475929.jpg
d0013721_12483592.jpg

<西面の壁>
d0013721_12491560.jpg
d0013721_12494762.jpg
d0013721_12501425.jpg
d0013721_12503564.jpg

[PR]
by yamaboke | 2012-11-28 12:56 | 活動2012

岩登り教室2012

岩登り教室(蓬莱峡)2012.11.10
蓬莱峡で実施された実技2回目の写真をアップしました。報告はまた後日。(MH)

小屏風岩でトラバース&トップロープクライミング
d0013721_12284562.jpg
d0013721_12294812.jpg
d0013721_12304158.jpg
d0013721_12304752.jpg
d0013721_12312868.jpg
d0013721_1232286.jpg
d0013721_1233046.jpg

d0013721_12332816.jpg
d0013721_12335267.jpg

大屏風岩で懸垂/まずは下で講習
d0013721_1230186.jpg
d0013721_12324031.jpg

大屏風岩で懸垂
d0013721_123323.jpg
d0013721_12331441.jpg

d0013721_12445547.jpg

[PR]
by yamaboke | 2012-11-16 12:46 | 活動2012

烏帽子岩例会

裏六甲/烏帽子岩例会 2012.11.03
参加者 8名

登ったルート
熊カンテ5.10a、太陽がいっぱい5.9、タイムトンネル5.10a、ウイング5.10c、いじわるおよね5.10b、おじいちゃんのドタドタ落ち5.11a

今回の例会は、久しぶりのメンバーや烏帽子岩デビューのメンバーなどで計8名の参加となりました。連休?とあってか、予想に反して人が少なく、待ちもほとんどなく、自分達の取り付きたいルートにじっくりと取り組むことができました。
久しぶりの烏帽子の写真です。(報告MH)

d0013721_123909.jpg
太陽がいっぱいをリードのOMさん

d0013721_1238775.jpg
タイムトンネルリードのNMさん

d0013721_1237471.jpg
N夫妻。行くぞ、頑張って・・・って言ったかどうかは不明。

d0013721_12372332.jpg
烏帽子デビューのMZさん。熊カンテを見事に完登

d0013721_12371773.jpg
熊カンテリードのNSさん、ここからみごとなオンサイト達成

d0013721_12364798.jpg
烏帽子岩デビューのMMさん。太陽がいっぱいのトライ

d0013721_12363397.jpg
いじわるおよねにトライのMRさん

d0013721_12391319.jpg
本人曰く出来過ぎ。久しぶりにおじいちゃんのドタドタ落ちをレッドポイントしたMHさん

d0013721_12392419.jpg
最終。終了点回収にいくTNさん
[PR]
by yamaboke | 2012-11-06 12:54 | 活動2012
雪彦山/連盟中級登山学校修了山行 2012年10月20日〜21日

毎年5月から10月までの約6ヶ月間、連盟の中級登山学校が開校されます。
今年度は山歩渓からNSさんとTRの2名が受講しました。
10月20日〜21日の修了山行の雪彦山では二人とも、中級の最終課題である
雪彦山のルートのリードをみごとクリアされました。(報告/MH)
d0013721_12381254.jpg
地蔵岳東面凹角ルート

d0013721_12375573.jpg
地蔵岳東面スラブルート

d0013721_12371970.jpg
地蔵岳東稜ルート最終ピッチ

d0013721_12364558.jpg
地蔵岳東面すべり台
[PR]
by yamaboke | 2012-11-05 12:44 | 活動2012

鳳来クライミング

鳳来クライミング 2012.09.22-23

参加人数 2名 BBFスクールから参加の2名、他友人多数

会としては初めての鳳来。結局は会からはKBとMOの二人だけの参加となったが、スクール受講の会員2名、他友人多数と共に、鳳来の鬼岩デビューを楽しんだ。
二日目は夜半からの雨が降り続いていたが、その中でも、登れるところがあることをBBFの代表のM氏に教えてもらう。今回はガンコの雨中クライミングを経験した。

d0013721_2145624.jpg
         入山口
d0013721_2154887.jpg
         登山道を歩く
d0013721_217086.jpg
          桃太郎5.10aでアップするKB
d0013721_2172786.jpg
         桃太郎のある岩の全景
d0013721_218173.jpg
          次はあんこ5.10bにトライ
d0013721_2203711.jpg
         鬼岩入門5.11a
d0013721_2223139.jpg
         雨の中のガンコ岩
d0013721_2232670.jpg

[PR]
by yamaboke | 2012-09-22 02:04 | 活動2012

小川山クライミング

小川山RCT 2012.08.18~19
d0013721_124011.jpg
       レギュラー5.10cをリードするKB

参加人数 9名

山行総括
クライミングのメッカ・小川山でフリークライミングを存分に楽しんだ。
初日の午前はマラ岩・姉岩エリアで、午後は父岩エリアでそれぞれ目標のルートに挑んだ。途中午後0時頃に急な雨にあい一度下山。その後回復したので午後再開したものの、午後3時頃に再び激しい雷雨に見舞われたため即座にトライを止め、ランニング・支点を残置の上安全第一に気をつけながら下山した。
   2日目は早朝よりまずはマラ岩・姉岩エリアに戻りアップやトライでルートを登り、残置のヌンチャクを回収。朝食休憩のため一度下山の後、父岩エリアに戻ってトライし、「タジヤンⅡ」の残置ヌンチャクを回収。オンサイト・RP(レッドポイント)に挑むメンバーに刺激を受け、私も「小川山物語」に挑ませてもらった(残り3ピッチのところで無念の敗退となったが・・・)。関西組は午後0時30分でもって下山、関東組の皆さんとともにテント場撤収の後、記念撮影をして小川山を後にした。関東組は夕方までクライミングを楽しんで、充実の2日間を終えた。
メンバーの1名が「小川山物語」をオンサイト中左足を捻挫。(報告/OM)

行動記録
8/18(土) 7:30関西組小川山到着
         10:00現地合流した関東組と共にマラ岩・姉岩エリアでのクライミング
            ・「川上小唄」(5.8)   ・「レギュラー」(5.10c)
            ・「卒業試験」(5.10b)  ・「センター試験」(5.8)
     11:30降雨のためセットを残置の上あずま屋へ下山
         13:40父岩エリアでのクライミング
            ・「小川山物語」(5.9)  ・「タジヤンⅡ」(5.10a)
            ・「クはクライマーのク」(5.10c)
   15:10急な雷雨のため直ちにトライを止めセットを残置してテント場へ下山
 8/19(日)  6:00マラ岩・姉岩エリアでアップ&クライミング
         10:00父岩エリアでのクライミング ・(上記ルートに加えて)「モラリスト」(5.10a)
         14:00関西組、小川山を後にする
         15:00関東組、親指岩にてクライミング・「小川山レイバック」(5.9)    
         17:00 関東組解散

d0013721_131533.jpg
         川上小唄5.8をリードするON
d0013721_1413651.jpg
        小川山物語5.9をリードするOO
d0013721_148444.jpg
         卒業試験5.10cをトライ中のHT
[PR]
by yamaboke | 2012-09-18 01:15 | 活動2012
谷川岳一ノ倉 烏帽子沢奥壁南稜ルート~ 国境稜線 2012.09.09

参加者 2名

山行総括
関東組のアルパインクライミング練習として、今回、谷川岳一ノ倉デビューをするにあたり
先ずは良く登攀されている南稜を選ぶ。そこから谷川の概念を知る事も兼ねて、一ノ倉岳(国境稜線)を目指し、オキの耳、トマの耳を経由し天神尾根へ下りロープウェイで下山する計画を立てる。(行動時間 谷川ベースP~Pまで1周で10時間)
KB-CL…来週の屏風に向け、実際重量でのボッカを兼ねた実践登攀練習。
HT…マルチピッチ練習。

ヒヤリハットは特に無し。記載として、当日上昇気流の雲が多く、早朝は岩場が湿っていた。予想以上の岩の滑り具合であり(一部薄いコケもあるが)、スメアが全く効か無い(石鹸を塗ったような)箇所はA0、A1を駆使して安全優先で登攀を進めました(たまたまKBさんの個所に限りでしたが)。雲はありましたが、晴れ間は見え天候に心配はありませんでしたので、計画通りに国境稜線へ抜ける。
(天候悪化の場合は懸垂で下山もあり)
また心配されたアプローチは、(雪渓が無い場合は)高巻きと沢沿いに登れますが、踏み後を追い高巻きより進み若干時間をロス(20分位)、最終的には沢沿いより登って進む。テールリッジから南稜取付までは落ちたら危険な道ですが、技術的には5.5~5.6位なので慎重に行き南稜取付きへ。
また南稜登攀から国境稜線へ抜ける道も、数ヶ所ビレイが必要な岩場がありますが、コンテで進めれる場所はそのパートナーと相談・判断して決めた方が良い。(時間がかかって、行動時間が遅れる為)
全体的に岩場が脆い箇所が多くあり、剥落や落石には特に注意をしました。

行動記録
4:30 谷川ベースプラザP出発
5:00 一ノ倉沢出合 …高巻で進むも、沢より登った方が楽にて変更。
(良いアプローチ道を探して、20分程ロス)
6:30 テールリッジ末端             10:20 6P(7P)取付 (HTリード)
7:10 南稜テラス到着              11:00 南稜登攀終了
7:30 南稜登攀開始1P(KBリード)      13:45 5ルンゼ頭
7:45 1P-2チムニ-部 (HTリード)     14:10 国境稜線(一般道)へ合流
8:15 2P(KBリード)               15:10 オキの耳 (写真をパチリ!)
8:30 3P(HT 草付リード)           15:20 トマの耳 (写真をパチリ!
8:40 4P-1取付(HTリード)          15:25 肩の小屋
9:10 4P-2(5P)取付(KBリード)       16:15 天神平ロープウェイ
9:45 5P(6P)馬の背取付(HTリード)       (※ロープウェイは 17時迄)
                            16:30 谷川ベースプラザP
                     →帰路、水上温泉入って、一息つく♨ふぅ~

d0013721_181984.jpg
d0013721_18465.jpg
d0013721_184591.jpg

[PR]
by yamaboke | 2012-09-10 00:56 | 活動2012

剱岳 源次郎尾根

剱岳 源次郎尾根 岩稜縦走 2012年8月12日~14日
d0013721_22541179.jpg

参加者 3名

山行総括
一昨年、昨年とジャンダルムと北鎌尾根を縦走したのが岩稜縦走の初体験だが、今回自力で岩稜縦走したいと思い、岩稜縦走では初心者向きとされる剣岳源次郎尾根に準備から自力で取り組んだ。結果は、天候は雨でガスもかかったが、踏み跡が比較的はっきりしていたのと先行パーティーもありルートファインディングは特に問題なかった。
数カ所か3~4級程度の岩場と懸垂下降(30m)があったが、3名とも日常的にインドアを含めクライミングをしており、また懸垂下降のトレーニングも行い、クライミングそのものは問題なかった。懸垂下降地点を探すのがガスで少し分かりにくく苦労したが、先行Pが進んだ方向に間違いなく、待ち時間は1時間近くあったものの特に問題はなかった。前日の予報では天候は晴れだったが、取り付いて2時間程度で雨になり、岩場を通過できるか心配だったが、先行Pがルートを教えてくれたので助かった。先行Pがいなかったら後退もありうると一旦は判断した(この点はラッキーだった)。
課題は予想に反して天候が崩れたときのリーダーとしての判断だった。

行動記録 
  8月11日 22:30 大阪発  23:30 京都発
  8月12日  晴れ
    7:00着 2名合流(中さ、森)
    7:36分室堂~剣沢へ出発
    10:40分剣沢着
    14:00に残り1人合流(中)
    14:40分 真砂ロッジへ出発 16:40分 真砂ロッジ着
     テントに目印をしていれば良かったと反省
  8月13日 曇りのち雨、夜雷雨
    3:55分 真砂ロッジ出発 04:55分 源次郎尾根取り付き着(先行2P 後続2P)
    05:05分源次郎取り付き出発 06:30 尾根に出る 06:45 ルンゼとの合流
    07:00フェイスに着くがこの頃より雨になり雨具装着ロスタイム30分位カナ?
    08:00 Ⅰ峰着09:00 Ⅱ峰着 先行2名懸垂 40分位待機
    10:00 懸垂開始 10:30 懸垂終了
    11:30分 剱岳頂上 11:40分 記念撮影終わり出発 15:00 剣沢着
  8月14日 雨のち曇りのち晴れ 
    08:00 剣沢出発 12:00 みくりが温泉(温泉&食事) 13:00 室堂着
[PR]
by yamaboke | 2012-08-14 22:55 | 活動2012
剱岳 黒部ダム~真砂沢~八ッ峰~欅平  岩稜縦走 2012年8月8日~14日

参加者 2名
山行総括
昨年の夏に初めて夏合宿で入って以来の剱岳。今年の五月連休には源次郎縦走を実現。今回は黒部ダムから入りハシゴ谷乗越そ越え真砂沢に入った。結果的には計画とは違い、真砂をベースに3日間、長次郎谷を登り八峰、上部、下部を縦走し、C,Dフェースも登攀した。予定の北方稜線は次回に持ち越したが、二股から阿曽原、欅平と初めての縦走に付き合っていただいたIKさんありがとうございました。
当初の天候不順のため毎日の天気を確認しながらの計画変更となりました。
来年は、春に小窓尾根、夏は?と年2回の剱岳入山がますます楽しみになっています。

行動記録
8日:21:00三宮発→新大阪で乗り換え→扇沢5:45着
9日:7:30始発→7:45黒部湖着→8:30出発→9:30内蔵助谷出合→11:50内蔵助平→13:50ハシゴ谷乗越→15:50真砂沢ロッジ着
10日:3:00起床→4:20出発→(5:50)1・2峰間ルンゼ取り付き着→6:30下見取り付き開始→(7:50)1・2のコル着、休憩約30分→(8:25)2峰頂上着→懸垂→3峰→懸垂→(9:50)4峰頂上着→懸垂2回→(10:30)4・5のコル着→(10:55)5峰頂上→懸垂・クライムダウン・トラバース→(12:15)5・6のコル着→(12:25)6峰登り→(13:30)6峰頂上着→クライムダウン気味に懸垂→7峰はトラバース→14時頃上を目指す→(15:00)8峰と三の窓の頭のコル着→(15:20)三の窓の頭着→(15:40)八峰の頭着→(16:20)池の谷乗越→(18:20)真砂沢ロッジ着
11日:3:00起床→4:30出発→(6:50)Dフェース取り付き着→(7:50)スタート→(8:20)2ピッチ目→(9:20)3ピッチ目→11:00頂上着→雨が降りだす→(12:45)5・6のコル着→14:20真砂沢ロッジ着
12日:2:00起床→3:30出発→(5:40)Cフェース取り付き着→7:40スタート→(8:45)3ピッチ目→待ち約1時間→11:20頂上着→(12:00)Eフェースより懸垂→(12:30)7峰頂上→懸垂→(13:25)8峰頂上→(13:50)八峰の頭→(14:40)池の谷乗越→16:30真砂沢ロッジ着
13日:3:00起床→5:00出発→(6:15)二股→8:20仙人峠→8:35仙人池ヒュッテ→10:30仙人温泉→11:20尾根頂上→13:45仙人ダム→14:55阿曽原温泉小屋着
14日:3:20起床→5:20出発→8:15大太鼓→10:50欅平着→13:10トロッコ電車乗車→帰神

Cフェースの順番待ち
d0013721_2201792.jpg
Cフェース登攀中
d0013721_2203854.jpg
旧日電歩道
d0013721_2205024.jpg

[PR]
by yamaboke | 2012-08-14 21:52 | 活動2012