人気ブログランキング |

天狗尾根 2012年2月10日~12日

行動記録
2/10 大阪スカイビル(21:40)⇒(4:00)松本
2/11 松本(6:32)⇒(7:50)小淵沢(7:53)⇒(8:17)清里⇒タクシー(8:45)
     美し森美し森[8:55]~-地獄谷入り口[10:00]--赤岳沢出合小屋[12:00]―天狗尾根
     取付[12:30]--尾根上[13:00]―樹林帯2270m[14:00]ツェルト設営(泊)
2/12 2270m[6:50]大天狗通過[12:00]-主稜線(13:00)-(14:30)行者小屋
     [15:00]--17:45)美濃戸口タクシー(18:00)~(18:20)茅野(18:41)~
     (19:10)塩尻)~名古屋~新大阪

山行総括
①八ヶ岳の仕上げとして天狗尾根を取組む。目的は登攀技術、体力、雪を見る
目、ルートファインディング力の養成であったが二人とも格段に成長したと感じた。
②軽量化の為、テントからツェルトに変更したが-20℃でも問題なく幕営でき
た。しかし、軽量化については更に研究が必要。
③出合小屋は高根山岳会が管理しているが綺麗な小屋であった。
④天狗尾根には35分から1時間ほど赤岳沢をつめてから取付くが、沢は凍っており
15分ほどの所からトレースがあり取付いた。尾根は甲斐駒の刃渡りのような途中
狭まり小さな岩稜が出てくる。ここから暫らく進み風も強くなってきたので樹林
帯で幕営。
⑤ルートのポイントとしては小岩峰の後の30mの岩壁と大天狗の登り。今回はO
氏がリード。安定した登りであった。その他、厳冬期であるので斜面も凍ってお
りトラバースなども気が抜けない。
⑥八ヶ岳は1月時に比べ全体的に雪が多く岩肌が全て隠れ真っ白の雪化粧であった。

感想
最後の急登を超えると視界が開け岩稜帯が迫力良く出現。
大天狗は右にバンドを岩と草付きを登る(楽しい)。支点など無く、細い枝を束
ねて支点にしたり苦労する。小天狗はロープを外し巻くが、氷化した斜面や登り
など阿弥陀南陵核心よりキツく危なく感じる。(O氏)

朝、相変わらずの強い風の中出発。カニのつめは二つの大きな岩が並んで立って
いて凄い。一か所岩が張り出したところがあって怖かった。30mの岩壁はロー
プをだす。Oさんリード。Oさんの通りに行くと簡単だった。大天狗岩の核心に
到着。岩を右にへつるみたいにしながら、途中岩と岩が切れた間を渡らなければ
いけない。渡るの所も体いっぱい開いてる感じで重心が悪い。手足とピッケルを
支点として刺し、やっとの思いで渡る。天狗尾根終了後も岩稜を登り、凍った斜
面をトラバースするなどなかなかハードな感じ。特にトラバースは赤岳主稜の取
り付きに続くトラバースより数倍怖かった。
2日間ともお天気に恵まれ、雲一つない青空の下、富士山、南アルプスなどの絶
景を楽しめながら登れた。これで八ヶ岳は一段落。これからは北アルプスです。
(N嬢)

美の森;出発前の美の森駐車場にて
d0013721_0141574.jpg

林道;地獄谷に通じる林道
d0013721_0143437.jpg

出合小屋;高根山岳会が管理する避難小屋
d0013721_0144742.jpg

大天狗に小天狗;岩稜帯の途中の尾根から見た大天狗、小天狗
d0013721_015063.jpg

富士山;大天狗の肩から振り返った富士山
d0013721_0151219.jpg

天狗尾根4;赤線が通ってきたルート
d0013721_0152336.jpg



               
by yamaboke | 2012-02-23 00:23 | 活動2012