仲間募集中


by yamaboke

<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

7月25日、26日で森浜が大阪の登山学校の関係で御在所岳へクライミングに行きました。心配された天気も、集中降雨はあったものの、登攀時はなんとかもって、2日間予定通りのクライミングが実施されたそうです。壁は濡れ濡れの状態のところもあったようですが。
それよりも、昨年の集中豪雨の被害であまりにも変わり果てた裏道登山道の様子にショックを受けたようです。少しですが、写真をアップしました。
藤内小屋から藤内壁へ向かう途中
d0013721_0261677.jpg

兎の耳の周辺 右端が兎の耳 このあたりでテントを張っていた
d0013721_0263441.jpg

上の写真の場所から登山道へ入るところ。これ以後も登山道は崩れて寸断されている
d0013721_0265277.jpg

今まで気づかなかった小さな支沢もこのように崩れている
d0013721_028957.jpg

兎の耳周辺から小屋の方を振り返ったところ 写真中央の木の立っているあたりに小屋が小さく見える 
d0013721_0283389.jpg

小屋の屋根が見える 沢内には赤〇で登山道をマーキングされている
d0013721_0285716.jpg

藤内小屋 土日にはボランティアの方々が来て、復興に協力されている
d0013721_0291517.jpg


藤内小屋は現在、再建中だが、そんなに容易く復興できる状況ではない。9月から多くの材木を小屋まで上げる予定だそうだ。私たちも何か手伝うことはできないだろうか。
日向小屋のあったあたりに砂防堤防が出来る予定だそうだ。日向小屋はそれより下に再建されるよう。
二つの小屋は裏道コースの中にある小屋で、山の途中の休憩場所であったり、緊急事態の時の頼みになる存在である。
なんとか再建しようと頑張っておられる小屋主さんに、何かの形で協力できないものか。というのが森浜の感じてきたことだそうです。
[PR]
by yamaboke | 2009-07-28 00:58 | 活動2009

7月19日-21日の錫杖岳

d0013721_095850.jpg
d0013721_0101631.jpg
d0013721_0103576.jpg

沢登りの報告ではありません。錫杖岳へクライミングに行った森浜ですが、雨のため、錫杖沢がご覧の通りの増水で、一回目の渡渉地点で渡渉できず、やむなくあきらめて帰阪。三重の名張のMCで一日クライミングを楽しんできたそうです。
[PR]
by yamaboke | 2009-07-28 00:17 | 活動2009

7月11日 駒形岩

この日は、我が会のメンバーに加え、H上さん、N原さん、N村さん、大阪のT山さんグループなど、豪華面々で、トップロープを張っていただいたり、張ってあるトップロープを貸していただいたり、アドバイスをいただいたりと、大変お世話になりました。ブログ上で失礼ですが、お礼を一言、ありがとうございました。
我が会のメンバーは、担当のU田さんとM浜さん、T中さん、O野さんに加え、外岩初めてというS訪さんの5名。S訪さんにとっては、ちょっと難しい岩場だったようですが、そこは若さで頑張っていました。
今回もカメラを忘れて、携帯の画像ですので、あまりよくないのが残念ですが。
       斜陽(5.9)を登るS訪さん
d0013721_23461726.jpg

       北斗の拳(5.12a)をリードするH上さん
d0013721_23463722.jpg

       斜陽のS訪さん。確保はU田さん。
d0013721_2346513.jpg

       チンケなボルトを登るT中さんとO野さん
d0013721_2347381.jpg
d0013721_23471563.jpg

またまたS訪さん。拡大したのでどのルートかよくわかりませんが、ひまわり(5.10a)かな?
d0013721_23473327.jpg

[PR]
by yamaboke | 2009-07-15 00:01 | 活動2009
今日は、海の日の連休で錫杖岳に行くM浜が、パートナーのN村さん(大阪労山)と一緒に保塁岩へ最終トレーニングに行って来たそうです。阪急六甲駅から油コブシを経て岩場までの過程は本番のアプローチのトレーニング、本番は12ピッチほどあるルートを登るので今日は10本登ろうという予定だったとか。
結局、M浜の家の事情で、16時には終了せねばならなかったことと、登っては懸垂で降りるという行動で、本数は5本に終わったようです。しかし、それなりに本番を意識してのトレーニングができたと言っておりました。
今日の保塁岩は、天気が崩れそうで崩れなく、風はとても涼しく、半そでのクライマーは寒いと言っていた人もいたとか。とにかく、この頃の下界の暑さは何処吹く風といった一日だったそうです。写真はカメラを忘れて撮れなかったとか、残念。兵庫、大阪の労山のクライマーがいっぱい来ていましたと。
[PR]
by yamaboke | 2009-07-05 22:03 | 活動2009